アンナチュラル 動画 1話ドラマ無料視聴ドラマ部屋

アンナチュラルのあるTBSオンデマンド作品ですが

auビデオパス、U-NEXT、ビデオマーケットで見れます。

 

本記事ですが

 

①TBSオンデマンド作品VOD(ビデオオンデマンドサービス)について無料視聴サイト(一部有料あり)

 

②アンナチュラルの見どころ

 

③キャストなど見所

 

などについて書いていきます

 

アンナチュラル動画1話pandora無料視聴ではなく公式tbsYoutube

 

 

引用TBS公式サイト

アンナチュラルを見逃した!tbsオンデマンド作品が見えるVOD

 

ビデオマーケット

 

国内最大のVODサービスです

月額費もワンコインです。

一カ月間の無料お試しキャンペーンしているため、最新話の放映中ドラマも無料です

ビデオマーケット公式サイトは下記です

 

 

auビデオパス

 

ビデオマーケットと同じく月額ワンコインで最新話も無料のVODサービスです

一カ月間の無料お試しキャンペーンしているため、最新話も無料です

 

auビデオパス公式サイトは下記です

 

動画を見るならビデオパス!初回30日間無料で見放題

 

 

U-NEXT

U-NEXTは高画質でダウンロード(dl)再生streamin再生ができることで有名です

一カ月間の無料お試しキャンペーンしているため、入会ポイントで最新話も無料で見れます

 

U-NEXT公式サイトは下記です

 

 

アンナチュラルの動画注目点

 

不自然死究明研究所UDIラボでは、関東を中心に全国から年間400体の遺体がきて、三澄班と中堂班の2班で、死因解剖するということは、お休みを入れると、約1日1体は解剖している数です。

これはある意味、原因究明までやっているとかなり忙しく、人員もかけるべき必要性のある機関でと思いました。

実際に、こうした機関の設立計画もあったらしいということや、日本の不自然死遺体が解剖されるのは、12%で先進国でも低水準ということを聞くと、単なる自然死だけでなく、中には、ある陰謀で大量に死因が分からず殺され無念の死を迎える方もいるのではないかとか思いました。

主人公のミコトが未来のために法医学はあるという意味が、未来では、そうした犯人も捕まる考えると分かるような気がしました。

第1話は、名前のない毒という話で、警察医の所見で、死因は心不全と判断されたが、元気だったのに不自然と思い、ミコトたちが解剖したら、薬物死ではないかととの展開です。

その遺体の婚約者の女が、劇薬毒物製品の開発をして、まだ、検出できない毒を作っていたらとミコトたちは疑います。

そして、それが連続殺人事件につながるようです。

まさに、第1話から、不自然死の原因究明の必要性を提示する面白い展開です。

毒として検出されないものをどうやって特定するのか、ミコトたちUDIラボのメンバーに目が離せません。

 

 

アンナチュラルの本記事の注目キャスト

 

なりたい顔No.1石原さとみさん

 

石原さとみさんといえば、女子がなりたい顔1位で三連覇を果たし、殿堂入りするほど男性だけではなく女性からも好感を持たれている女優さんです。

演技力も高く、映画やドラマに引っ張りだこ。

月9ドラマ「リッチマン、プアウーマン」の出演以来、劇的に綺麗になり、ご本人がドラマで使う服装やメイクにもこだわっているそうです。

ドラマで彼女が使用した衣装は、通販サイトや店頭でもバカ売れするそうです。

女子にとって憧れの存在であり、ファッションリーダーともいえます。

今回、1月クールで主演を務めるドラマ「アンナチュラル」。

法解剖医として変死体の死の真相を解明していくドラマです。

最近では、ラブストーリー働く女性といったドラマが多かった石原さとみさんですが、これまでとは少し違ったテイストのドラマになっているみたいです。

役作りのためた髪もバッサリ切り、ボブヘアなっています。少し幼い印象になり、また可愛らしい印象になった気がします。

昔からの彼女の経歴を追っていくと、眉毛と唇が特徴的な清純な女の子でしたが、眉毛を細くし、髪色を変えたあたりから垢抜けてきて綺麗になってきたのかもしれません。

いずれにせよ、女子力が高く、自分が実現したいことは手帳書き込み、努力をし、本当に実現させる頑張り屋さんです!

とても応援したくなります。

 

アンナチュラルのtver、TBSオンデマンドは

tbsオンデマンドやtbs FREE、などは、便利なところはありますが通信費用が馬鹿になりません

ということで今回はダウンロード(dl)再生できたり自分のシチュエーションに応じた

画質切り替え機能でフルHDで楽しめるサービスを紹介しました。