アンナチュラル 1話 動画見逃したテレビドラマを見る方法

アンナチュラル 1話 動画見逃したテレビドラマを見る方法

 

アンナチュラルのあるTBSオンデマンド作品ですが

tverで見れます。

 

 

アンナチュラル予告第1話動画

 

 

引用TBS公式サイト

アンナチュラルの豪華キャスト

 

石原さとみさん主演ドラマ「アンナチュラル」

 

今までの女子力の高く、明るく前向きな役柄から一変して、法医解剖医として変死した死体の死の謎について解明する役所です。

 

楽しみな点はミステリー要素が入っており、今までと違う石原さとみさんをみることができるのではないかということです。

 

キャストも井浦新さんや窪田正孝さん、市川実日子さんと豪華メンバーで、石原さとみさんが主演というだけでも期待度が上がりますが、メンバーを見ても見応えがありそうです。

 

原作が湊かなえさんの小説で脚本は逃げ恥を手がけた野木亜紀子さんだそうです。

 

どんなストーリーに仕上がるのか早く見たいなと感じます。

 

ミステリーの中に笑いもあるのか、シリアスなものなのかストーリー展開が読めません。

 

この役作りのために髪をバッサリ切った石原さとみさん、ドラマの中でも今までのようなメイクや髪型、ファッションにも注目していきたいです。

 

ミステリードラマなので全面的にはファッションは主張してこないと思いますが、石原さとみさんのファッションのこだわりは強いのでドラマの中でも控えめながら女子力の高い服装やメイクをしてくれそうな気がします。

井浦新さんと石原さとみさんとの対立もあるみたいなのでそれも楽しみですね!

 

アンナチュラルのtbs公式あらすじ

 

法医解剖医の三澄ミコト(石原さとみ)が働く不自然死究明研究所(unnatural death Investigation laboratory)=通称UDIラボでは、東京都23区外、西武蔵野市を中心に、全国津々浦々で発見された異状死体や犯罪死体を引き受けている。警察や自治体から依頼されて運ばれてくる遺体は年間約400体。その遺体を解剖し、死因を究明するのが、ミコトたちUDIラボの仕事だ。

UDIラボには、三澄班と中堂班の2チームが存在する。三澄班は執刀医のミコト、臨床検査技師の東海林夕子(市川実日子)、記録員の久部六郎(窪田正孝)。中堂班は法医解剖医の中堂系(井浦新)、臨床検査技師の坂本誠(飯尾和樹)。

そして、それらの個性的なメンバーを束ねるのが所長の神倉保夫(松重豊)だ。

  そんなある日、中年夫婦がUDIを訪ねてきた。一人暮らしで突然死した息子・高野島渡の死因に納得がいかないという。

警察医の見立ては「虚血性心疾患」(心不全)。しかし息子は、まだまだ若く、山登りが趣味だというぐらい身体も丈夫で元気だった。

心不全という死因は、素人目にも、あまりにも不自然だ。

なにか、ほかの原因があるのではないか。夫婦はもっときちんと死因を調べてくれるようにと警察に頼んだが、事件性も不審な点もないと、剣もほろろに断られてしまった、という。

 ミコトたちは、さっそく、解剖に取り掛かった。すると心臓にはなんの異状もなく、代わりに、急性腎不全の症状が見つかる。

ミコトたちは、薬毒物死を疑い、詳細な検査にかけるが、死因となった毒物が何かがどうしても特定できない。

そんな折、高野島と一緒に仕事をしていた若い女性同僚が、高野島が亡くなった翌日に、原因不明の突然死を遂げていたことが判明する。

 死因を究明すべく高野島のアパートでミコト、六郎、東海林が調査をしていると、高野島の遺体の第一発見者でもある婚約者・馬場路子が現れる。

馬場の仕事は、なんと劇薬毒物製品の開発。

馬場が、もしまだ誰も知らない未知の毒物、すなわち「名前のない毒」を開発していたとしたら……。

既存の毒物と比較検出するだけの、現在の毒物鑑定システムでは、「名前のない毒」を検出できない。

すなわち、完全犯罪が成立する。

「高野島が死んだときの私のアリバイ?いいえ。一人で自宅にいたのでアリバイはありません」
悠然と微笑む馬場路子に、ミコトたちはどう立ち向かうのか?

TBS公式ホームページより引用

 

アンナチュラルの本記事の注目キャストはARATAさん

 

私はARATAさんの時から大好きなんです。

「ピンポン」という映画でスマイルという、寡黙で笑わない卓球にのめり込んだ少年を演じていました。

あの時の彼は繊細でかっこよくて知的で。完璧でした。

誰もが恋に落ちてしまいそうな。井浦新さんはカメレオン俳優さんです。

役によって姿形さえ違って見えるほど。悪い役を演じられると飲み込まれそうなほどです。

真意がわからないほどに。役そのものになられるのです。

憑依しているのかというほどに。

魅了されます。

ピンポンはもう15年以上前の映画ですが、最近はすっかり落ち着かれました。

実年齢より今では少し上に見えるほどに。

というか雰囲気がありすぎるのです。

ちょっと前に窪塚洋介さんと共演されていました。

ピンポン組です。

私を含むファンの方々は狂喜乱舞したんではないでしょうか。

やはり原点ですので。なにをみても、スマイルの面影を探してしまう。

井浦新さんが笑っていると幸せな気持ちになれるんです。

彼は幸せな時にしか笑わないのだろうと勝手に思い込んでいますから。

なぜかよくわからないけど、心の中で幼なじみのように応援したくなるのです。

あんなにカッコいいお兄さんなのに。

目で追ってしまう。雰囲気の塊。

 

アンナチュラルのtver、TBSオンデマンドは

tbsオンデマンドやtbs FREE、などは、便利なところはありますが通信費用が馬鹿になりません

ということで今回はダウンロード(dl)再生できたり自分のシチュエーションに応じた

画質切り替え機能でフルHDで楽しめるサービスを紹介しました。