必殺仕事人2018 動画 1月7日見逃した!無料視聴方法は?

必殺仕事人2018動画1月7日見逃した!無料視聴方法は?

 

必殺仕事人は、中村主水こと故・藤田まことさんが演じる代表作であり、必殺仕事人、必殺仕置き人など、沢山のシリーズがある定番時代劇物の一つです。

頼み人から晴らせぬ恨みを聞いた仕事人達が、必殺の名のもと確実に相手を殺しに行きます。

必殺シリーズを一切みたことのない人でも、必殺シリーズといえば、定番である音。

あの『チャララ~!』という必殺感のあるトランペットの音を聞けば、ああ、アレね!というくらいに、あの音自体は認知されています。

更に言えば、私はその後にブシュッ!と相手を仕留める姿や音まで一気に頭に広がってきます。

ドラマの放映自体は不定期ですが、パチンコなどによるメディアへの露出により、その存在感は確かなものです。

必殺仕事人シリーズが無料で見れるVODサービスを紹介します

(2018情報は追記します)

 

ともに一カ月間の無料お試しキャンペーンしていて、最新話が無料視聴できて

動画配信やdvdレンタルを総合的に楽しめるのは

 

「U-NEXT(ユーネクスト)」、TSUTAYADISCAS TV/DISCASツタヤディスカスでした

 

最近ではTSUTAYADISCAS TV/DISCASツタヤディスカスは、放送後すぐに動画配信をしますね

 

「U-NEXT(ユーネクスト)」は特にダウンロード(dl)再生や高画質streamin再生ができます。

 

TSUTAYADISCAS TV/DISCASツタヤディスカスは、宅配レンタルと動画ポイント1080ポイントもらえるため

相当お得です

 

特に旧作のdvd借り放題や動画見放題コンテンツも多くていいですね

 

TSUTAYADISCAS TV/DISCASツタヤディスカス公式サイトは下記です。

 

↓ ↓

 

DVDとCDが借り放題!動画見放題!30日間無料お試しキャンペーン実施中

 

*借り放題は旧作準新作のみです

 


「U-NEXT(ユーネクスト)」公式サイトは、下記です

 

↓ ↓

 

 

 

必殺仕事人2018動画1月7日の評価、期待するところ

 

 

 

特に2017年は京楽より『ぱちんこ必殺仕事人5』が出されており、こちらは圧倒的な筐体のインパクトや、進化した演出などから、空前の大ヒットを記録しています。

さて、2018年の必殺仕事人のタイトルはズバリ『必殺仕事人2018』です。

平成の新たな仕事人である東山紀之さんが演じる渡辺小五郎と、故・藤田まことさんが演じる中村主水が共演します。

更に2017年惜しくも亡くなってしまった故・野際陽子さんも。

このように大変顔ぶれも豪華で見応えがありそうです。

まだまだ必殺仕事人と言えば中村主水こと故・藤田まことさんのイメージが強烈にある作品ですが、東山紀之さんも実力派であり、定番の人気があります。

いつか仕事人と言えば渡辺小五郎であるというような今後の必殺シリーズを牽引する形で続いてほしいですね。

 

必殺仕事人藤田まことさん思い出

 

個人的に必殺仕事人シリーズの仕事人は中村主水、三味線屋の勇次、飾り職人の秀、何でも屋の加代、西順之介、おりくが出ているシリーズが一番好きです。

 

面白いのは、中村主水の設定で、昼間の顔は昼行燈、夜の顔は凄腕仕事人中村主水です。

 

奉行所対抗の剣道大会の時だったか、出場しても、本気でやったなら、勝っていたのに、仕事人という身分を知られないようにするため、わざと格好悪く負けたりして、それを勇次は「試合に負けたのも、八丁堀は仕事人稼業のことを考えてのことだ。」と、言っていたのを思い出します。

 

視聴者としては、本当の中村主水を知っているので、筆頭同心の田中とのやり取りは面白いし、家に帰ってからの、せんとりつとのやり取りも駄目な婿養子ぶりが面白い。

 

また、仕事を請け負う時の金のやり取りの場面も一両だったり、一分銀や文銭だったりといつも一定の金額でないのが逆に機械的でなく人情身が出て良かったです。

 

一番無理があるなと思っていたのは、勇次の殺しの方法で、相手の首に投げた糸が絡んで、いつの間にか相手は何故か木の枝に宙吊りになって、その糸を弾いて絶命というシーンだった。

 

しかし、かっこいいのは間違いないですが。

 

そして、殺しに卑怯もクソもないでしょうが時々、ズルい手で相手を殺すことが時々ありますが笑ってしまいました。

 

当然、相手が剣の達人となると話は別で、主水も凄腕ぶりを発揮しますが。

また、主水の相手に止めをさす時に吐く気の利いたセリフが格好良かったです。

 

それに、それぞれの場面でのBGMが良かったです。

今も忘れることはありません。