相棒16 動画 13話/2018年1月24日無料フル見逃し再放送

相棒16 動画 第13話2018年1月24日無料フル見逃し再放送

本記事ではドラマ『相棒シリーズ』を動画視聴する方法について解説します。

 

 

相棒シリーズですが

TSUTAYADISCAS TV/DISCASツタヤディスカスです

 

レンタル8枚+準新作、旧作借り放題で入会ポイントも1080と多く自宅にながら

 

動画配信を始めます

 

TSUTAYADISCAS TV/DISCASツタヤディスカス公式サイトは、下記です。

 

↓ ↓

 

 

相棒16 動画 第13話2018年1月24日の評価

 

相棒は昼間再放送やってたりしますが、あれと現在を見ると例えば携帯電話が折り畳みからスマホに変わり、時代の変化を相棒で感じる事が出来ますね。

よくよく考えると、現在の冠城亘は、相棒のなかでも一番階級が下というのは結構思い切った事した話だと思います。

それはさておき、陣川警部補がアメリカから帰ってきた訳ですけどキャラが完全に変わってしまい、例のごとく恋愛感情が湧き立つこともなく彼の持ち味がなくなってしまったように思います。

彼の持ち味はやはり最後のオチが見たいのです。

でもちょくちょく出るああいうキャラの中では、かなり古株に当たりますね。

マローとか(探偵屋)でたんだけどいなくなってしまって、亀山薫の代から生き残っているキャラは彼ぐらいではないでしょうか。

長持ちしますね自分は相棒を1から見てきてますが、一番1が面白いと思っているのです。

やっぱりああいうちょっと抜けたキャラである、亀山薫みたいなキャラが相棒の方がおもしろい。

冠城亘はそういう意味では結構違い位置にいるキャラだとは思います。

相棒がどういうわけだか男前の相棒を選ぶ風潮があるのか、今回のようにちょっとおもしろい相棒は結構貴重なキャラ化もしれません。

 

違法動画サイトの危険

 

映画やドラマなど、様々なコンテンツをインターネット経由で見るのはもはや当たり前の時代になりました。

地上波テレビ局は、この時代に合わせ、それぞれ運営している配信サイトなどで放映済みのドラマを配信する動きも見せておりますが、そういった公式サイトを使用せずに、違法アップロードサイトなどで観ている人も多くなってきているようです。

しかし、そのようなサイトで動画を観る行為は当然違法ですし、実は相当に危険な行為です。

違法サイトにて動画を閲覧すると、パソコンがウイルスに感染する可能性があります。

必ず感染するというわけではありませんが、ある動画共有サイトはこれまでに何度も不正ログインされ、ウイルスの感染ルートになっています。

また別の違法動画サイトではハッキングを受け、8500万ものユーザーアカウントが盗まれたそうです。

インターネット社会となった現在、様々な個人情報がweb上に所在し、メールアドレス、クレジットカード情報、各種パスワード、位置情報などありとあらゆるデータが漏れる危険性があり、こうした違法サイト経由で犯罪の被害に合う危険性は日々高まっています。

そして平成24年10月から著作権法が変わり、有料で販売・配信されている映像や音楽コンテンツの違法ダウンロードは刑罰の対象となりました。

違法にアップロードされたコンテンツと知りながら、意図的にダウンロード、もしくはキャッシュからデータを抽出した場合は違法行為となり、2年以下の懲役または200万円以下の罰金が科される様になったのです。

また、違法ダウンロードが蔓延すると、当然ながらコンテンツを発信している作家やアーティストは正当な対価を得られずに、日本の文化発展を阻害する大きな一因となります。

私たちを日々楽しませてくれる文化の担い手を苦しめてしまって良いのでしょうか。